亚博体彩推理网

xuanyituili.com | 亚博体彩推理资讯站

用户工具

站点工具


小森健太朗

小森健太朗

作家介绍

小森健太朗(1965年-),日本推理作家、评论家、翻译家。出生于大阪府。

1982年,年仅16岁的小森健太朗以《娜威城的密室》(ローウェル城の密室)获第28届江户川乱步奖最终候补作,他是江户川乱步奖史上最年轻的最终入围者。

1989年从东京大学文学部哲学系毕业。1994年推出本格推理小说《漫画杀人事件》(コミケ杀人事件)。

其它小说还有《星野君江事件簿》、《大相扑杀人事件》以及推理评论着作《侦探小说理论学/侦探小说逻辑学——罗素的逻辑与奎因、笠井洁、西尾维新的侦探小说》以及《英文学的地下水脉 古典MYSTERY研究——从黑岩泪香翻案小说的原作到奎恩》等。后者为第63届日本推理作家协会评论奖获奖作品。

主要作品

コミケ杀人事件(1994年11月 出版芸术社/1998年12月 ハルキ文库)
ローウェル城の密室(1995年9月 出版芸术社/1998年5月 ハルキ文库)
ネヌウェンラーの密室(1996年1月 讲谈社ノベルス/1999年11月 讲谈社文库)
ネメシスの哄笑(1996年9月 出版芸术社)
バビロン空中庭园の杀人 祥伝社ノン?ポシェット(1997年4月)
神の子の密室(1997年5月 讲谈社ノベルス/2003年7月 讲谈社文库)
眠れぬイヴの梦(1997年11月 徳间ノベルス)
マヤ终末予言『梦见』の密室(1999年4月 祥伝社ノン?ノベル/2010年12月 祥伝社文库)
驹场の七つの迷宫(2000年8月 光文社カッパノベルス)
ムガール宫の密室(2002年7月 原书房)
Gの残影(2003年3月 文艺春秋/「グルジェフの残影」に改题 2006年7月 文春文库)
魔梦十夜(2006年5月 原书房)
ネメシスの虐笑S(2011年8月 讲谈社box)
大相扑杀人事件(2004年2月 ハルキ?ノベルス/2008年11月 文春文库)
星野君江の事件簿(2008年6月 南云堂)
新世纪「谜(ミステリー)」倶楽部(「インド?ボンベイ杀人ツアー」収録、1998年8月 角川书店 / 2001年8月 角川文库)
本格ミステリーを语ろう!―海外篇(1999年3月 原书房)
赝作馆事件(「黒石馆の杀人」収録、1999年8月 原书房)
ルナティック?ドリーム―コミケ杀人事件外伝(2000年10月 原书房 早真さとるによるコミック)
本格一筋六十年 想い出の鮎川哲也(2002年12月 东京创元社)
ミルダッドの书 灯台にして港(ミハイル?ナイーミ着 壮神社 1992年12月)
漂泊者(カリール?ジブラン着 长井香里共訳 壮神社(1993年5月)
スパイダー?ワールド 贤者の塔(コリン?ウィルソン着 讲谈社ノベルス 2001年)
スパイダー?ワールド 神秘のデルタ(コリン?ウィルソン着 讲谈社ノベルス2002年)
ファイロ?ヴァンスの犯罪事件簿(S?S?ヴァン?ダイン着 论创社论创海外ミステリ2007年9月)
人の子イエス(2011年5月 みすず书房)
探侦小说の论理学―バートランド?ラッセル论理学とエラリー?クイーン、笠井洁、西尾维新の探侦小说(2007年9月 南云堂)
英文学の地下水脉―古典ミステリ研究~黒岩涙香 翻案原典からクイ-ンまで(2009年2月 东京创元社)
サブカルチャー戦争―「セカイ系」から「世界内戦」へ(限界小说研究会 名义 「Wから00へ―9?11を挟んで変貌した“ガンダム”シリーズの戦争描写」収録、2010年12月 南云堂)
探侦小说の様相论理学(2012年5月 南云堂)
神、さもなくば残念。―2000年代アニメ思想批评(2013年4月 作品社)

小森健太朗.txt · 最后更改: 2018/12/10 03:06 由 admin